やばやばホテル日記

気ままなホテル宿泊記

インターコンチネンタル横浜 pier8に宿泊/ タイルアートと海に癒されて

こんにちは、たにやばです。

お久しぶりですがいかがお過ごしでしょうか。

 

今回はインターコンチネンタルホテル横浜PIER8の宿泊記です。

 

とても評判の良いホテルで僕も当然大好きです。

通算10泊目?位で、初めてスイートルームを予約しました。
f:id:fpooh:20210202212728j:image

撮ったのは以前の夜ですが今回はお昼に入れていただきました。
f:id:fpooh:20210202212732j:image

利用することは少ないですが、シンボル的なこの階段。

その横に並ぶエレベーターを利用して2階でチェックイン、

部屋で身支度を整えてからクラブインターコンチネンタルラウンジへ向かいました。
f:id:fpooh:20210202212700j:image

4階に上がり、ジムを脇目に右へまっすぐ進みます。
f:id:fpooh:20210202212737j:image
アサインしていただいたコーナースイートはベイブリッジ&ハンマーヘッド側
f:id:fpooh:20210202212800j:image

空間的な余裕だけでなく、こういった「無駄」とも捉えられるようなインテリアが置いてあるところが、スイートルームの好きな部分です。

個人的には、「無駄」なものが置いていない広いだけのスイートルームは魅力を感じません。
f:id:fpooh:20210202212809j:image

とても簡単ですがキッチンスペースも用意されていました。

シグネチャースイートになるとリビングとキッチンがより広々としていましたよ。

(今回は見学だけさせていただきました)
f:id:fpooh:20210202212614j:image

コーナースイートのコーナー部分からは丁度ベイブリッジや海上保安庁が。

正面を見ればハンマーヘッドや横浜港が目に入る、

人工的だからこそのエモーショナルな海の風景に不思議と心が落ち着きます。
f:id:fpooh:20210202212541j:image

バスルームを含めすべての窓が横に開くので、プライバシーに注意は必要ですが、

窓を開けてのビューバスタイムが叶うのはスイートルームだけです。
f:id:fpooh:20210202212747j:image

それにしても洗面台の壁のタイルアートでしょうか、とても可愛らしいデザインです。

 

どちらかというとシンプルなこのホテル・部屋の印象に、

少々の温かみを加えてくれているような気がしました。
f:id:fpooh:20210202212453j:image

テラスはそれほど幅がありませんが、座ってくつろぐには十分。

 

日中はハンマーヘッドの見物客とよく視線が合いますが、特に気にしません。
f:id:fpooh:20210202212756j:image

Olasonicのスピーカーで港風景に合うような曲を流しながら、

眼前で冬の海を眺め、肩を寄せ合う人々の想いを想像していました。
f:id:fpooh:20210202212554j:image

甘いものが食べたくなり、クラブインターコンチネンタルラウンジへ。

後の為にスコーン以外のセットをカモミールティーといただきました。

f:id:fpooh:20210202212518j:image

夕刻が近づき、

ネズミ色のハンマーヘッドが沈んでいく太陽に照らされ、

ほのかな茜色に染まっていきます。

 

その奥をル・グラン・ブルー・が通るのを撮ってみました。
f:id:fpooh:20210202212814j:image

陽が完全に沈むころにはMarine&Walkに、小舟を迎え入れるような明るさが。
f:id:fpooh:20210202212620j:image

クラブインターコンチネンタルのカクテルタイム。

このホテルでしか飲めない、PIER8ラガーとシャンパンを。

他にゲストはまばらだったため、すぐに酔いが回っても安心でした。
f:id:fpooh:20210202212751j:image

ミール類も以前と変わらず、高いクオリティでした。
f:id:fpooh:20210202212805j:image

フォアグラのプリンは最近必ず出てきている気がしますね(笑)
f:id:fpooh:20210202212537j:image

夜はお約束通り、熱めのお湯を張って入る時には窓を開けました。

尚、長時間開けていると他の部屋まで寒くなるので注意が必要です。
f:id:fpooh:20210202212654j:image

夜景は観覧車が見えるお部屋に比べると控えめですね。

恋人と宿泊するならばそちらのタイプのお部屋をお勧めしますが、

一人の時は断然ベイビュー派です。

 

夜は外に人もいませんし、テラスで飲むのも良いですよ。
f:id:fpooh:20210202212741j:image

翌朝もまずは熱めのお風呂から。

 

夜よりはプライバシーに気を付けましょうね。

(といって写真の段階で既に窓を開けておりますが、、、)
f:id:fpooh:20210202212636j:image

朝食は美味しいステーキやスープ、サラダにフルーツなど。

ゲストの数のわりにスタッフさんが多く、良く気づいていただけます。
f:id:fpooh:20210202212605j:image

採光の朝を迎えれば自ずとその日の気分も上がるというもの。

幸いにもこの日も海がとても綺麗で、

お散歩してるだけでとても癒される一日になりました。

f:id:fpooh:20210202212823j:image

それではまた、別のホテルで。