やばやばホテル日記

気ままなホテル宿泊記

ANAインターコンチネンタル東京に宿泊/ プレジデンシャルスイート雅を体験

こんにちは、たにやばです。

放置していた下書きを記事にすべく、久しぶりの更新です。

 

赤坂・溜池山王エリアの老舗ホテル、ANAインターコンチネンタルホテル東京はその利便性の良さから何度も滞在させていただいたホテルです。

今年の春ごろ、色々な理由からこのホテルの最上級スイートに宿泊しました。

f:id:fpooh:20210208234536j:image
f:id:fpooh:20210208234739j:image

「雅・プレジデンシャルスイート」はクラブインターコンチネンタルラウンジと同じく、客室階では最も高いフロアに位置しています。
f:id:fpooh:20210208234812j:image

因みに最上級スイートといっても、二重玄関のようなものはなく、面積も150平米弱とやや控えめです。お値段も直予約で250k程と手が届かないわけでもなく。

 

扉を開けるとすぐに広々としたリビング&ダイニング。

両端にテレビがあり、大人数でも過ごしやすいデザインになっています。
f:id:fpooh:20210208234801j:image

窓からは東京タワーが。

このお部屋の特徴として、どの窓からも東京のアイコニックな建造物を眺めることができます。

 f:id:fpooh:20210208234657j:image

隣には小さいですがキッチンスペースが。

冷蔵庫の中にはベル・エポックを始め4本のボトルワインが鎮座していました。
f:id:fpooh:20210208234648j:image
f:id:fpooh:20210208234722j:image

その横にもワインラックが。
f:id:fpooh:20210208234712j:image

ワインは赤の種類が圧倒的に多いですね。
f:id:fpooh:20210208234730j:image

リビングルームを挟んで両側にベッドルームを配置した構造のこのお部屋。

此方はサブベッドルーム。
f:id:fpooh:20210208234831j:image

此方がメインベッドルーム。眺望や広さはほとんど変わりませんが、

ベッド手前にフットベンチがついていますね。
f:id:fpooh:20210208234822j:image

また、サブベッドルームのウェットエリアはシャワーブースのみですが、、、
f:id:fpooh:20210208234640j:image

因みにトップスイートでもアメニティは通常のお部屋とほとんど同じです。

シャンプー類はクラブインターコンチネンタルルームと同じロクシタン。
f:id:fpooh:20210208234747j:image

メインベッドルーム横のバスルームは豪華なバスタブ、ミストサウナ、ダブルシンクの洗面台と流石に至りつくせりです。

個人的には折角の東京タワービューを遮ってしまう曇りガラスと、ドライヤーのグレードに関してだけはやや残念でしたが概ね満足でした。

f:id:fpooh:20210208234558j:image

到着早々にお部屋のダイニングテーブルでインルームダイニングを楽しみました。

 f:id:fpooh:20210208234610j:image

 

翌朝、チェックアウト前に少しだけクラブインターコンチネンタルラウンジに立ち寄ることができましたが、、、

それ以外は私事により、あまり長くお部屋に居られなかったことが残念でした。f:id:fpooh:20210208234528j:image

やはり都内のクラブインターコンチネンタルラウンジとしてはここは屈指の広さですね。

席間の広さや眺望もよく、とても落ち着きます。

f:id:fpooh:20210208234547j:image

f:id:fpooh:20210208234625j:image
f:id:fpooh:20210208234613j:image

再び予約することがあるかは分かりませんが、とても使い勝手が良いスイートでした。

一方重厚感や高級感、という意味では値段以上の内容ではないかなとも感じました。

 

また訪れることがあればより堪能してみたいです。