やばやばホテル日記

気ままなホテル宿泊記

パークハイアット東京に宿泊 / トーキョースイートで新たな時を刻む

たにやばです。

 

この記事は過去のパークハイアット宿泊について振り返ったものです。

今更感ありますが、良ければお付き合いください。

 

 

 

パークハイアット東京は25年もの時を経て今なお都内屈指のラグジュアリーホテルとして存在感を示しています。

丁度僕が生まれたころから存在するというのですから、驚きもするでしょう。

 

ラグジュアリーホテルというものに興味を持ち、

パークハイアット東京に宿泊した時から僕は”ホテル好き”としての性をより強く自覚したように思えるほど、このホテルにおける全ての時間は特別でした。

 

「このホテルの何が特別か」と問われるとそれは案外難しくなります。

愛するパートナーに「私のどこが好き」と問われて「全部が好き」と、

何も考えなかったような回答をしてしまう事象に似ていると言えましょうか。

 

車寄せからエントランス、エレベーターを上っていくときの緊張感。

別世界のような空気に毎度のことながら驚き、

しかし当たり前のようにピークラウンジを横目にフロントまで歩く時の高揚感。

f:id:fpooh:20210120182714j:image

ジランドールを通り過ぎ、

f:id:fpooh:20210120182701j:image

ライブラリーを抜け、

f:id:fpooh:20210120182654j:image

丁寧なスタッフに導かれ、落ち着きのある客室へ。

 

最初からいくつかの滞在はデラックスルームで。

f:id:fpooh:20210120182817j:image

いつしか、ビューデラックスルームにも泊まるようになりました。

f:id:fpooh:20210120182824j:image

イソップの軽快な香りに包まれ、特徴的な低いベッドに沈む夜。

f:id:fpooh:20210120182722j:image

富士山まで見渡すビューバスから始まる優雅な朝。

f:id:fpooh:20210120182857j:image

ある時はジランドールで、またある時はお部屋でいただく美味しい朝食。

f:id:fpooh:20210120182910j:image

クラブオンザパークで身体以上に心が満たされる余暇。

f:id:fpooh:20210120182800j:image

ある時はピークバーで、

f:id:fpooh:20210120182733j:image

またある時はニューヨークバーで、「ロストイントランスレーション」の名場面に淡い思いを寄せつつ過ごす一人の夜。

f:id:fpooh:20210120182752j:image

またある時は大切な人とじっくり夜景に酔うニューヨークグリルでの夜。

f:id:fpooh:20210120182741j:image

このホテルをどうして愛さずにいられるでしょうか。

 

先月、幸運が重なり「トーキョースイート」という、このホテルで1室しかない特別なスイートに宿泊する機会を得ました。

広さは220平米。

トップスイートであるプレジデンシャルスイートに次ぐお部屋です。

 

あえて無駄な言葉はあまり挟まず、この素晴らしいお部屋を共有できればと存じます。

f:id:fpooh:20210120182927j:imagef:id:fpooh:20210120182940j:imagef:id:fpooh:20210120183000j:imagef:id:fpooh:20210120183007j:imagef:id:fpooh:20210120183018j:imagef:id:fpooh:20210120183028j:imagef:id:fpooh:20210120183040j:imagef:id:fpooh:20210120183053j:imagef:id:fpooh:20210120183102j:imagef:id:fpooh:20210120183112j:imagef:id:fpooh:20210120183130j:imagef:id:fpooh:20210120183137j:imagef:id:fpooh:20210120183144j:imagef:id:fpooh:20210120183151j:imagef:id:fpooh:20210120183200j:imagef:id:fpooh:20210120183215j:imagef:id:fpooh:20210120183224j:imagef:id:fpooh:20210120183230j:imagef:id:fpooh:20210120183238j:imagef:id:fpooh:20210120183245j:image

 

そして夜も深まるころには.....

 

f:id:fpooh:20210120183259j:imagef:id:fpooh:20210120183304j:imagef:id:fpooh:20210120183312j:imagef:id:fpooh:20210120183319j:image

勿論この日の夜はニューヨークグリルで。

f:id:fpooh:20210120183333j:image

 

この部屋で刻む時は普段以上に濃く感じることでしょう。

余り言いすぎるのは野暮ですが、ぜひ大切な日、大切な時に泊まってみてほしいです。

 

f:id:fpooh:20210120183341j:image

 

今年もこのホテルに何度を何度も訪れ、

その度にまた大切な時間を1つ1つ丁寧に刻んでいく、

そんな一年になればいいなと願っています。

 

パークハイアット東京に関わる全ての皆さま、いつもありがとうございます。